逆三角顔に似合うメガネ

逆三角顔に似合うフレームの形

逆三角形の顔の人は顔のラインがほっそりとシャープであるという特徴があります。そういう人に似合う眼鏡の形はオーバルという楕円形の眼鏡や、眼鏡の縁が上半分だけのハーフリムの眼鏡です。オーバルやハーフリムの眼鏡をかけることでほっそりととんがった顔の形が強調されて、とてもすっきりとした小綺麗な顔立ちに見えるでしょう。逆三角顔の人は丸みがある、曲線のフレームがよく似合う顔なのです。オーバル以外にもボストンという丸い形のフレームもよいでしょう。 逆にウェリントンという大きな四角形のフレームだとカジュアルな雰囲気なので、逆三角顔の顔の人には似合いにくいです。また横長の四角形のスクエアの形はシャープでキリっとした印象を与えるフレームですので、このフレームを選ぶと少しきつい顔になりすぎるので注意しましょう。

フレーム別の顔の印象

似合うフレームがどれか分かったところで、次はどのフレームを選べばよいでしょうか。フレーム別にかけることでどんな印象を与えるのかについて、みてみましょう。まずボストンですが、こちらの眼鏡のフレームは丸みのある形であり、相手に柔らかな印象を与えてくれます。オーバルもまた、ボストンと同じように曲線のある形をしていますので、ボストンと同じような印象を与えます。二つの違いはレンズの大きさです。ボストンはレンズ部分が大きくなっています。視力が悪い人ほどレンズが分厚くなり、人から見て屈折の関係で実際の目の大きさよりも目が小さく見えがちとなります。

加えて、レンズと目の比率がレンズの方が目よりも大きいと、より目が小さく見えてしまうのです。そのため、目を大きく見せたい人はボストンよりもオーバルを選びましょう。ハーフリムについては、柔らかさよりもすっきりしたさわやかな印象を与えるフレームとなっています。